ボクシング

    6576876

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/05/19(日) 06:06:33.12 ID:SA+LEmo/9
    (WBSS)バンタム級トーナメント準決勝が18日(日本時間19日)、英国グラスゴーのSSEハイドロで行われ、WBA同級王者・井上尚弥(26=大橋)がIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)に2回KO勝ちし、決勝に進出した。

    決勝では5階級制覇王者で現WBAスーパー王者ノニト・ドネア(36=フィリピン)と対戦する。 (全文は以下)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00000003-spnannex-fight 

    【【WBSSバンタム級トーナメント準決勝】井上尚弥vsエマヌエル・ロドリゲスの試合結果】の続きを読む

    3454654

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/05/18(土) 22:23:58.40 ID:Teit5bcl9
     キックボクシングのRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20)=TARGET=が18日、AbemaTVによる企画「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」で挑戦者2人を退けた。

    試合後、那須川はボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(32)と6月22日に対戦することを発表した。

     那須川に挑戦したのはトーナメントを勝ち抜き挑戦権を得た同大ボクシング部出身で現在アマチュアジム会長の藤崎美樹(29)と、敗者復活枠で選ばれた元WBA世界スーパーフライ級王者のテーパリット・ゴーキャットジム(30)=タイ=の2人。ヘッドギアあり、2分3ラウンド、判定なしのKO決着のみという特別ルールで行われた試合で、那須川は両者にKOを許さず、1000万円獲得を阻止した。

     2連勝後、インタビューで今後もやりたいかと問われた那須川は「皆さん見たいですよね。やりたいですね」と再度の開催を望んだ。そして超重大発表として亀田氏と対戦することが発表された。(全文は以下)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000178-dal-fight

    【【那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円】亀田興毅の参戦が決定 6月22日に対戦】の続きを読む

    65654556465

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/05/16(木) 06:37:42.31 ID:1MZyEf379
     【グラスゴー(英国)共同】ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(18日・英グラスゴー)の記者会見が15日、英国のグラスゴーで行われ、世界ボクシング協会(WBA)王者の井上尚弥(大橋)は「もちろんKOを狙っていく」と強気に宣言した。

     昨年10月の1回戦は1回1分10秒でKOして強烈なインパクトを残した。 (全文は以下)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000210-kyodonews-spo 

    【【WBSS】エマヌエル・ロドリゲスと対戦する井上尚弥「もちろんKOを狙っていく」】の続きを読む

    スクリーンショット (4525)

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/05/11(土) 07:15:12.88 ID:DRm+pT+K9
    AbemaTVの番組『那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円』は5月1日に挑戦者決定トーナメントが行われ、約3,500名の応募者の中から審査を通過した8名が「ボクシング経験者トーナメント」と「異種格闘技トーナメント」に分かれて挑戦権を争った(中略)

    しかし、大井は1回戦で右足の肉離れを起こし、左足の靭帯が元々切れた状態で試合に出ていたことを試合後に告白。

    その後、医師の診断を受けて経過観察をしていたが最終的にドクターストップがかかり、5月18日(土)に行われるはずだった那須川との対戦を欠場することが正式発表された。(全文は以下)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190511-00010002-gonkaku-fight 


    【【那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円】挑戦権を得た大井洋一さんがドクターストップで欠場に】の続きを読む

    7677667788

    1: 名無しさん@恐縮です 2019/05/09(木) 18:03:54.04 ID:t4n0KOrf9
    ボクシングの前WBA世界ミドル級王者で同級3位の村田諒太(33=帝拳)が9日、現王者ロブ・ブラント(28=米国)との再戦を発表後、初めて報道陣に練習を公開した。

    元3階級制覇王者ホルヘ・リナレスの弟カルロス・トレーナーを相手に3種類のミット打ちを計6ラウンド。
    フットワークを使って相手を追い詰め、軽打での連打やコンビネーションなど、これまでとは違った一面を披露した。

    昨年10月のV2戦でブラントに敗れ、王座から陥落。村田は「一番の間違いはガードの上から打たせて疲れたところを打つというボクシングをしたこと」と反省。
    僕の中で最低の試合。それをしないことが最低限の条件。前と同じことをしたら勝てない。勝つためのボクシングをやる」と言い切った。(全文は以下)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00000171-spnannex-fight 

    【【ボクシング】ロブ・ブラントとの再戦を控える村田諒太「前と同じことをしたら勝てない。勝つためのボクシングをやる」】の続きを読む

    このページのトップヘ