DEEP

    54765

    1:名無しさん@恐縮です 2020/05/11(月) 20:45:32.27 ID:rlWyuSG39
    相手候補にウィリアムズら浮上も「関心を示していない」 

    チャリティーマッチでの復帰が取りざたされているボクシングの元ヘビー級3団体王者マイク・タイソン(米国)。(中略)

    同メディアによると、タイソンの“復帰戦”の相手にはウィリアムズ以外にも、オーストラリアン・フットボールの名選手バリー・ホールや、ポール・ガレンらの名前が挙がっている。

    だが、タイソンが求めているのは“本物のボクサー”だという。 (中略)

    記事によると、豪州でのイベント開催を画策するプロモーターのブライアン・マトゥルーダ氏は、タイソンと過去に関係のあったエージェント、マックス・マークソン氏と介して、タイソン陣営と交渉。
    しかし提案された対戦相手には興味がないという反応を返されたという。

    マトゥルーダ氏が受けたメッセージは次のようなものだったという。

    「マイクは、ラグビー選手と対戦するかもしれないということを知っている。それについて彼は、ボクシングへの冒涜に当たるから試合をしたくないと語った。
    そして、相手が本物のボクサーであればリングに戻って良いとも語っている」
     (全文は以下リンク先参照)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2446d63369248e4f252ff58f8e72d91dd56dada 



    【チャリティーマッチでの復帰が取りざたされているマイク・タイソン「相手が本物のボクサーであればリングに戻って良い」】の続きを読む

    スクリーンショット (1489)

    1:名無しさん@恐縮です 2020/05/08(金) 23:02:52.38 ID:GpX5Yh+R9
    https://www.youtube.com/watch?v=zzmeYBZo7GI



    世界王者の目線で見た K-1選手のボクシング技術はどうなの? 


    【京口紘人「ボクシング世界王者の目線で見た K-1選手のボクシング技術はどうなの?」】の続きを読む

    67856

    1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/07(木) 08:42:49.70 ID:za6Ep80I9
     チャリティーマッチ出場のため53歳にして現役復帰を目指しているボクシングの元ヘビー級世界3団体統一王者のマイク・タイソン(米国)に豪州のプロモーターが1億円のファイトマネーでエキジビションマッチ出場を打診したことが6日、明らかになった。
    豪州メディアの「デイリー・メール」が報じたもの。

     タイソンは2005年を最後に現役のリングを去っているが、先日、薬物中毒患者やホームレスを支援するためのチャリティーマッチ出場のため現役復帰したいとの考えを明らかにし、さっそくインスタグラムにミット打ちの様子をアップした。(中略) 

     アマトルダ氏は、かつてタイソンをCM出演のために豪州に呼ぼうと動いたことがあるエージェントのマックス・マークソン氏と連絡を取り、1億円のファイトマネーでのオファーを依頼した。

     注目の対戦候補は、元ニュージーランド代表のラグビー界のレジェンド、ソニー・ビル・ウィリアムズ(34)。

    ウィリアムズはオールブラックスの一員として2011年、2015年のワールドカップで優勝、2012年には、日本のパナソニックでもプレーしたことがある。
    現在も、スーパーリーグのトロント・ウルフパックでプレーしている現役のラグビー選手だが、プロボクサーとしても、2009年にデビュー、7勝(3KO)の成績を持つ二刀流アスリート。
    2013年には、ヘビー級の世界挑戦経験があるフランソワ・ボタ(南アフリカ)を判定で下してWBAインターナショナル・ヘビー級タイトルを獲得している。

    なお、この試合は、のちに八百長疑惑が報じられた、いわくつきの試合。ボタは、タイソンとの対戦経験があり、K-1のリングにも上がっている。

     ウィリアムズは、2015年1月を最後にボクシングの試合をしていないが、ラガーマンとしては現役のアスリートだけに不安はなく、注目のエキジビションマッチとなることは間違いない。  (全文は以下リンク先参照)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200507-00010000-wordleafs-fight


    【豪州のプロモーターがマイク・タイソンに1億円でラガーマンとの異色マッチ打診】の続きを読む

    7677667788

    1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/04(月) 18:58:12.37 ID:CzHSvxQu9
      ボクシングのWBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)が30日、インスタグラムを更新。若かりし頃の写真を公開した。

    今や業界を代表するスターになった村田だが、恥ずかしい過去を持っていたようだ。

    「マコ先輩と嶋田先輩のリクエストに応えて…あの頃は若かったシリーズ」とコメントして投稿した1枚の写真は、黒Tシャツに首からは金色のネックレスというファッション

    頭は剃り込み、両目や眉毛は腕で覆って見えないが、一筋縄ではいかない…雰囲気がぷんぷんと醸し出されている。

    村田は「なにしとんねん」「街で会いたくないな、こんな奴」と、自身でツッコミを入れた。

    ハッシュタグにも「#あの頃は若かった」「#昔の写真」と記し、青春の時代を振り返った。 (全文は以下リンク先参照)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f2d975697aa8dc196c5ec680dd6509edb8bc95e6 

    【【悲報】村田諒太のイケイケ時代の写真、怖すぎる】の続きを読む

    788

    1: 名無しさん@恐縮です 2020/05/01(金) 23:07:05.84 ID:rp0hEOEP9
     日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会(JPBA)は1日、新型コロナウイルス対策連絡協議会をオンライン上で開き、JPBAから政府の緊急事態宣言により営業自粛を要請されている加盟ジムから、営業再開の検討を求める声が上がっていることを明らかにした。

     オンライン上での会見に出席したJPBA事務局長の新田渉世・川崎新田ジム会長によると、自粛によりかなりのジムの運営が立ちゆかなくなる見通しであるといい、「ボクシング協会会員の悲痛な叫び、そろそろ限界に達していることを政府や自治体の方にも届けていきたい」と、業界の窮状を広く訴えていく方針を示した。

    「国や自治体の補助金、融資などでは追いつかない現状。基本的には国や自治体の要請には従うけども、実際に立ちゆかないのであれば、要請に従わないで営業をせざるを得ないんじゃないか、逆に協会として検討していくべきではないか、という声も上がってきているのは事実」と厳しい現実を明かした。

     また、興行自粛の影響により試合の消化が間に合わないことが懸念されていた新人王戦が、7月開始ならば開催可能となったことを発表。 (全文は以下リンク先参照)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200501-00000131-dal-fight

    【営業自粛を要請されているボクシングジムから悲痛な叫び「そろそろ限界に達している」】の続きを読む

    このページのトップヘ