DEEP

    46654

    1: 名無しさん@恐縮です  2018/09/16(日) 14:25:30.64 ID:CAP_USER9
     ボクシングのWBAスーパー&WBC世界ミドル級タイトルマッチは15日(日本時間16日)、米ネバダ州ラスベガスのT―モバイル・アリーナで行われ、元WBC王者サウル・“カネロ”・アルバレス(28=メキシコ)が統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)を2―0の判定で下し、新王者となった。
    ゴロフキンはプロ初黒星で通算21度目の防衛戦に失敗、8年1カ月に渡って君臨してきた王座から陥落した。

     序盤からカネロが積極的に前に出る展開。ゴロフキンは鋭いジャブで応戦したが、カネロはボディーに効果的に攻め、プレッシャーをかけ続けた。中盤以降はゴロフキンが盛り返したものの、ジャッジは1人114―114、2人が115―113でカネロを支持した。

     因縁の宿敵を下して新王者となったカネロは「接戦だったことはセコンドが教えてくれた。今は感情が高ぶっていて言葉にならない。
    私を信じてくれた人たちに感謝したい。ビバ!メヒコ」と喜びを爆発させ、「約束通りKOしたかったが、難しい試合だった。ゴロフキンは素晴らしいファイターだった」とライバルを称えた。

     2人は昨年9月に対戦し、12回判定で引き分け。5月に予定されていた再戦はカネロのドーピング違反で延期されていた。戦績はカネロが53戦50勝(34KO)1敗2分け、ゴロフキンは40戦38勝(34KO)1敗1分け。

     WBA世界ミドル級王者村田諒太(32=帝拳)はこの試合の勝者との対戦を熱望しており、カネロの勝利が村田の今後にどう影響するかも注目される。

    https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/09/16/kiji/20180916s00021000185000c.html

    【カネロがゴロフキンに判定勝ち 因縁再戦制し新王者に 村田との対戦は?】の続きを読む

    9000

    1: 名無しさん@恐縮です  2018/09/16(日) 00:38:39.69 ID:CAP_USER9
    ボクシング元5階級制覇王者で50戦全勝のまま現役引退したフロイド・メイウェザー(41=米国)が15日、
    6階級制覇王者で現WBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(39=フィリピン)と年内に再戦すると自らのSNSに投稿した。

    同日に東京・お台場で開かれたイベントで、来日中のパッキャオと再会したことを報告し「パッキャオと対戦するために戻る」とコメント。

    今年12月にも、判定勝利を挙げた15年5月以来となる2度目のパッキャオ戦が実現すると明かした。
    既に米メディアも一斉に2度目の「世紀の一戦」が実現しそうであると報じた。
    復帰が実現すれば、17年8月、総合格闘技UFCの2階級同時制覇王者コナー・マクレガー(アイルランド)とのボクシングルール戦以来のリングとなる。

    一方のパッキャオは14日に都内でアスリートサポートパートナーに就任したトレーニングギアSIXPAD(シックスパッド)の新商品発表会に出席し、
    12月9日か来年1月19日に初防衛戦を計画していることを明かした。
    その上で「現役の時間は多くない。日本で試合がしたい」と98年5月の東京・後楽園ホール以来となる日本リングを希望していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00331883-nksports-fight 

    【フロイド・メイウェザーとマニー・パッキャオ 年内に再戦の可能性が浮上】の続きを読む

    7676

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/09/10(月) 15:35:08.55 ID:CAP_USER9
    4階級制覇を狙ってこの9月8日に復帰戦を判定勝利で飾った井岡一翔、10月7日のボクシング世界一決定戦「WBSSトーナメント」スーパーライト級1回戦出場予定の井上尚弥――。
    何かと話題が尽きないプロボクシング界だが、かつて日本人初の重量級世界チャンピオンとして一世を風靡した男がいた。
    本日登場の西島洋介さんだ。引退したのは5年前の11月。さて、今どうしているのか?

      ◇  ◇  ◇

    「パンチを打つときは拳の一点に力を伝えろ!」

    「オフェンスと同時にディフェンスを考えろ!」


    東京・西新宿の格闘技ジム「ヒデズ・キック」。
    日曜日の午前10時に訪ねると、自身のイメージカラーであるグリーンのTシャツにボクサーパンツ姿の西島さんが、
    「ワールドチャンピオンエクササイズクラス」のレッスン中だった。
    名刺には引退後に使っているトレーナー名「マスターにし」が記してある。

    (中略)

    時にはVIPのボディーガードも引き受ける。

    「引退したとはいえ、トレーニングは続けてますからね。セキュリティーをしてるマハラジャ六本木では、どんなトラブルメーカーでも私の姿を見たら、おとなしくなりますよ。アハハハ」 

    (以下リンク先参照)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00000004-nkgendai-spo 

    【元ボクサー、総合格闘家の西島洋介さん ジム経営とVIPボディガードの今】の続きを読む

    スクリーンショット (1470)

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/09/09(日) 11:45:36.22 ID:CAP_USER9
    「ボクシング・WBCシルバー・スーパーフライ級タイトルマッチ」(8日、イングルウッド)

    現役復帰した元世界3階級制覇王者の井岡一翔が8日(日本時間9日)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された興行「スーパーフライ3」で復帰戦に臨み、
    3回にダウンを奪うなど3-0の判定で、王者マクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に完勝した。

    米国に渡った井岡は以前よりも攻撃的なスタイルに変貌。2月に元WBC世界同級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)に判定勝ちしている強豪アローヨをテクニックだけでなくパワーでも圧倒した。
    3回終盤にはワンツーの右ストレートでダウンを奪い、試合を支配。

    昨年4月のWBA世界フライ級王座5度目の防衛戦から約1年半ぶりの試合は未知のスーパーフライ級でもあったが、世界トップレベルにあることを証明した。


    昨年大みそかに電撃引退した井岡は6月20日に都内で会見し、現役復帰を表明。
    今後は米国を拠点とし、スーパーフライ級で日本初の4階級制覇を目指すことを明言した。
    スーパーフライ級ではWBAですでに2位にランクされているが、この勝利で他団体にもランクされることは確実。次戦での世界挑戦が現実味を帯びてきた。

    井岡の通算戦績は24戦23勝(13KO)1敗。アローヨは21戦17勝(14KO)4敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000062-dal-fight 

    【井岡一翔が復帰戦でダウン奪い3-0完勝 強豪アローヨ撃破で4階級制覇に前進】の続きを読む

    390

    1: 名無しさん@恐縮です  2018/08/30(木) 16:42:47.73 ID:CAP_USER9
    世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者の村田諒太が所属する帝拳ジムは30日、都内で会見を開き、村田が10月20日(日本時間21日)に米国・ラスベガスで、同級2位のロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦を行うと発表した。

    ブラントの戦績は24戦23勝(16KO)1敗でWBAの指名挑戦者。会見に出席した村田は「ブラントは攻防にまとまっていて、KO率も高い。いい試合をして指名挑戦者をクリアすることで、次につなげたい」と必勝を誓った。

    村田陣営は当初、ブラントに勝っても村田の評価が高まらないことなどを懸念して対戦を拒否する意向を示していた。しかし、タイトル剥奪の恐れがあることなどから方針転換し、村田も「まずはこの試合に集中する」と意気込んだ。

    村田陣営が標的にしているのは、9月15日(日本時間16日)に対戦する2団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と挑戦者サウル・アルバレス(メキシコ)の勝者。帝拳ジムの浜田剛史代表は「ミドル級で1番強い王者と村田の試合をみたいとブラント戦で思わせたい」と述べた。

    http://www.sankei.com/sports/news/180830/spo1808300035-n1.html

    【村田諒太が10月20日に2度目の防衛戦 同級2位のロブ・ブラントと米ラスベガスで対戦】の続きを読む

    このページのトップヘ