DEEP

    865445

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/07/20(金) 11:47:57.16 ID:CAP_USER9

     ボクシング世界3階級を制覇した井岡一翔(29)が20日、都内で緊急会見し、現役復帰を表明した。

    米国を拠点とし、9月8日にロサンゼルスで開催される興行「スーパーフライ3」で復帰する。


     井岡は昨年大みそかに横浜市内で会見を開き「さらなる人生の目標を見つけたので引退を決めました。次のステージに進むビジョンはできています。(ボクシングは)人生のウオーミングアップ」などと語り、電撃的に引退を表明していた。 (中略)

     17年4月には5度目の防衛に成功して元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高の持つ世界戦14勝の日本記録並んだ。

    その後、5月17日に歌手の谷村奈南(30)と入籍したことを発表すると、リングから遠ざかったまま11月9日付でWBA世界フライ級王座を返上。そして12月30日付で日本ボクシングコミッション(JBC)に引退届を提出し受理されると、大みそかに引退会見を開いた。戦績は23戦22勝(13KO)1敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000055-dal-fight 

    【3階級王者の井岡一翔が現役復帰 昨年大みそか電撃引退からわずか7カ月】の続きを読む

    899889

    1: 名無しさん@恐縮です  2018/07/18(水) 20:43:24.61 ID:CAP_USER9
    今秋開幕予定の「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」バンタム級トーナメントに出場する8選手が確定した。WBSSの公式サイトは18日、WBA同級5位のミーシャ・アロイヤン(29=ロシア)が同トーナメントに参戦すると発表した。

    WBSSバンタム級トーナメントは既に
    WBA同級スーパー王者ライアン・バーネット(26=英国)
    IBF王者エマヌエル・ドロリゲス(25=プエルトリコ)
    WBO王者ゾラニ・テテ(30=南アフリカ)
    WBA王者・井上尚弥(25=大橋)
    元5階級制覇王者ノニト・ドネア(35=フィリピン)
    元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)
    IBF3位のジェイソン・モロニー(27=オーストラリア)の参戦が決定。

    ロドリゲスが指名挑戦者のモロニーと1回戦で対戦することも決まっている。組み合わせ抽選会はロシア・モスクワで20日午後9時(日本時間午前3時)から井上ら全出場選手が出席して行われる。

    アルメニア生まれのアロイヤンはアマチュアのトップ選手として有名で、戦績は268勝12敗。フライ級で11、13年の世界選手権を制し、12年ロンドン五輪では銅メダルを獲得している。
    16年リオデジャネイロ五輪でも銀メダルを獲得したが、ドーピングが発覚してメダルをは剥奪された。プロではまだ4戦4勝ながら、WBCスーパーフライ級シルバー王座やWBAインターナショナル・バンタム級王座を獲得したテクニシャンだ。
    https://www.sponichi.co.jp/battle/news/
    2018/07/18/kiji/20180718s00021000058000c.html

    【【WBSSバンタム級T】アロイヤンの参戦で出場8選手が確定 20日に組み合わせ抽選会】の続きを読む

    8989897

    1:  名無しさん@恐縮です 2018/07/11(水) 21:53:43.96 ID:CAP_USER9

    ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25=大橋)のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ
    (WBSS)参戦が正式に決まった。
    WBSSの公式サイトで11日、今秋開幕予定のバンタム級トーナメント出場が
    発表された。

    井上は「こんな素晴らしいトーナメントに参加できて戦えるのは光栄」とコメント。「もちろん優勝する。自分の
    ボクシングキャリアで新たな道へ進んでいきたい
    」と意欲を示した。

    WBSSバンタム級トーナメントには、既にWBAスーパー王者バーネット(英国)、WBO王者テテ(南アフリカ)、
    IBF王者ロドリゲス(プエルトリコ)、ロドリゲスへの指名挑戦者モロニー(オーストラリア)、元5階級制覇王者ドネア(フィリピン)、
    元WBAスーパー王者パヤノ(ドミニカ共和国)の出場が決定。

    井上の正式参戦で、8人が出場するトーナメントのうち
    7つの枠が埋まったことになる。(以下リンク先参照)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000171-spnannex-fight 

    【WBA世界バンタム級王者・井上尚弥のWBSS参戦が正式決定「もちろん優勝する 自分のボクシングキャリアで新たな道へ」】の続きを読む

    089807

    1: 名無しさん@恐縮です2018/07/10(火) 13:08:11.16 ID:CAP_USER9
    7月9日(月・現地時間)シンガポールを本拠地にアジア最大規模の活動を展開する格闘技団体『ONE Championship』
    (ワン・チャンピオンシップ、通称ONE)が記者会見を開き、ボクシングWBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソー・
    ルンヴィサイ(31=タイ)の参戦を発表した。

    シーサケットは2013年5月に佐藤洋太から8R・TKO勝ちでWBC世界スーパーフライ級王座を奪取。翌年5月に迎えた
    2度目の防衛戦に敗れて同王座を失ったが、昨年3月に怪物ローマン・ゴンサレス(通称ロマゴン)に判定勝ちを収めて
    王座に返り咲いた。同年6月の再戦でもゴンザレスを4R・KOに下し初防衛に成功。今年2月にはファン・フランシスコ・
    エストラーダに判定勝ちし、2度目の防衛を果たしている。

    そのボクシング現役世界王者シーサケットのONEデビュー戦の舞台は、10月6日(土・現地時間)にタイ・バンコクの
    インパクト・アリーナで開催される大会『ONE: KINGDOM OF HEROES』のメインイベントに決定。
    試合の形式や対戦相手などの
    詳細はまだ明らかにされていないが、シーサケットのコメントによると初陣はWBC世界スーパーフライ級王座の防衛戦になるようだ。(中略)

    つまりこの大会を機に、ONEはMMA(総合格闘技)、キックボクシング、ムエタイに続き、新たにボクシングの領域へと進出を
    果たすことになる。


    ONEのチャトリ・シットヨートンCEO兼チェアマンは「来たる10月にタイで開催される大会は同国史上最大のものになるでしょう。
    ボクシング、MMA、ムエタイから才能あるアスリートたちが、アジア文化の素晴らしい宝物を祝福すべく一つ屋根の下で一堂に
    会すことになるのだから。ONEは10月6日に不滅の財産を創造することになります」とコメント。

    また、初参戦が決まったシーサケットは「この歴史的なONEのイベントに参加することができ、嬉しく光栄に感じています。
    今年初めにバンコクで行われたONEの大会を目の当たりにし、ワールドクラスのプロダクション、エンターテイメイント、
    選手が繰り広げる戦いに衝撃を受けました。今回の機会を実現させるために尽力してくれた関係者に感謝したいです。

    私のようなアスリートたちがその才能を世界規模の舞台で示すことができるよう、ONEは門戸を開放しており、その意義はとても
    大きいでしょう。これは新たな挑戦になりますが、私は挑戦することが好きです。WBC世界王座のベルトをONEで防衛できる日を
    楽しみにしています」と意気込みを語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000000-gbr-fight

    【ONEがボクシングにも進出へ WBC世界Sフライ級王者シーサケット・ソー・ルンヴィサイの参戦が決定】の続きを読む

    このページのトップヘ