ニュース

    9000

    1: 名無しさん@恐縮です  2018/09/16(日) 00:38:39.69 ID:CAP_USER9
    ボクシング元5階級制覇王者で50戦全勝のまま現役引退したフロイド・メイウェザー(41=米国)が15日、
    6階級制覇王者で現WBA世界ウエルター級王者マニー・パッキャオ(39=フィリピン)と年内に再戦すると自らのSNSに投稿した。

    同日に東京・お台場で開かれたイベントで、来日中のパッキャオと再会したことを報告し「パッキャオと対戦するために戻る」とコメント。

    今年12月にも、判定勝利を挙げた15年5月以来となる2度目のパッキャオ戦が実現すると明かした。
    既に米メディアも一斉に2度目の「世紀の一戦」が実現しそうであると報じた。
    復帰が実現すれば、17年8月、総合格闘技UFCの2階級同時制覇王者コナー・マクレガー(アイルランド)とのボクシングルール戦以来のリングとなる。

    一方のパッキャオは14日に都内でアスリートサポートパートナーに就任したトレーニングギアSIXPAD(シックスパッド)の新商品発表会に出席し、
    12月9日か来年1月19日に初防衛戦を計画していることを明かした。
    その上で「現役の時間は多くない。日本で試合がしたい」と98年5月の東京・後楽園ホール以来となる日本リングを希望していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180916-00331883-nksports-fight 

    【フロイド・メイウェザーとマニー・パッキャオ 年内に再戦の可能性が浮上】の続きを読む

    87697

    504: 実況厳禁@名無しの格闘家2018/09/14(金) 15:11:52.90 ID:ITqqhmbx0


    【【格闘代理戦争】3rdシーズンが9月29日から放送開始 秋山、青木に加え佐藤ルミナがコーチとして参戦】の続きを読む

    スクリーンショット (1477)

    111: 実況厳禁@名無しの格闘家 2018/09/10(月) 23:31:04.26 ID:hx1376fxd
    明日の会見CAVEからも出席する選手
    いるみたいだけど石渡?
    王者クラスは皆来るのかな。


    【パンクラス×レベルスの完全グループ化が決定 MXでトライアウト番組を開始 ゲッシングゲームの実施も】の続きを読む

    スクリーンショット (1470)

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/09/09(日) 11:45:36.22 ID:CAP_USER9
    「ボクシング・WBCシルバー・スーパーフライ級タイトルマッチ」(8日、イングルウッド)

    現役復帰した元世界3階級制覇王者の井岡一翔が8日(日本時間9日)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された興行「スーパーフライ3」で復帰戦に臨み、
    3回にダウンを奪うなど3-0の判定で、王者マクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に完勝した。

    米国に渡った井岡は以前よりも攻撃的なスタイルに変貌。2月に元WBC世界同級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)に判定勝ちしている強豪アローヨをテクニックだけでなくパワーでも圧倒した。
    3回終盤にはワンツーの右ストレートでダウンを奪い、試合を支配。

    昨年4月のWBA世界フライ級王座5度目の防衛戦から約1年半ぶりの試合は未知のスーパーフライ級でもあったが、世界トップレベルにあることを証明した。


    昨年大みそかに電撃引退した井岡は6月20日に都内で会見し、現役復帰を表明。
    今後は米国を拠点とし、スーパーフライ級で日本初の4階級制覇を目指すことを明言した。
    スーパーフライ級ではWBAですでに2位にランクされているが、この勝利で他団体にもランクされることは確実。次戦での世界挑戦が現実味を帯びてきた。

    井岡の通算戦績は24戦23勝(13KO)1敗。アローヨは21戦17勝(14KO)4敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000062-dal-fight 

    【井岡一翔が復帰戦でダウン奪い3-0完勝 強豪アローヨ撃破で4階級制覇に前進】の続きを読む

    スクリーンショット (1435)

    589: 実況厳禁@名無しの格闘家 2018/09/08(土) 08:26:29.98 ID:12u4Gv3y0
    ギラード傷害事件起こしたのかよ
    酷えな



    【【悲報】メルビン・ギラードさん バーで暴れてしまう】の続きを読む

    このページのトップヘ