ニュース

    898797

    1: 名無しさん@恐縮です  2018/06/19(火) 17:14:31.29 ID:CAP_USER9

    ことし3月、ボクシングの山中慎介さんとの世界タイトルマッチで制限体重をオーバーして王座を剥奪されたメキシコのルイス・ネリ選手について、WBC=世界ボクシング評議会は18日、6か月の資格停止処分にしました。

    ネリ選手は、ことし3月1日の山中さんとのWBCバンタム級タイトルマッチの前日の計量で、制限体重を大幅にオーバーし王座を剥奪されました。

    試合はネリ選手が第2ラウンド、テクニカルノックアウトで勝ち、山中さんは直後に引退を表明しました。 (中略)

    一方、JBC=日本ボクシングコミッションはネリ選手に対して、ことし3月、日本でのボクシング活動を永久に停止させる重い処分を決めています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/k10011485541000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_014


    【WBC 体重超過して王座剥奪されたルイス・ネリを6か月の資格停止処分にする】の続きを読む

    スクリーンショット (386)

    203: 実況厳禁@名無しの格闘家 2018/06/19(火) 08:41:32.82 ID:jH4Fv+tE0
    那須川の彼女って… 
    【FLASHが那須川天心と浅倉カンナの熱愛を報道する】の続きを読む

    0989088

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/06/17(日) 17:19:54.36 ID:CAP_USER9

    ■高校バスケ試合中、審判殴られ搬送 強豪校留学生選手に

     長崎県大村市で開催された全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で17日、延岡学園(宮崎)―福岡大大濠の試合中、延岡学園の留学生選手が、審判のファウル判定に不服を示し、審判の顔面を殴打した。

    日本バスケットボール協会が同日、発表した。審判の男性は病院に搬送され、治療中という。

     協会によると、殴ったのはコンゴからの留学生。今後、傷害事件として警察の捜査対象となる見込み。試合は没収試合となった。延岡学園は男子バスケットボールで、全国大会で優勝経験がある強豪。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000033-asahi-spo

    動画

    https://www.youtube.com/watch?v=jH127fL_Ysk


    【【悲報】高校バスケ部員さん 試合中に審判をワンパンで沈めてしまう】の続きを読む

    78768768

    1: 名無しさん@恐縮です  2018/06/13(水) 16:50:37.39 ID:CAP_USER9
     米国で最も権威のあるボクシング専門誌リング・マガジンは12日付で同誌認定ランキングを更新し、WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(25=大橋)をパウンド・フォー・パウンド(PFP、全階級を通じての最強ランキング)で5位にランクさせた。

     前回までの6位から1つ順位を上げ、最高記録を更新。リング誌が前回までPFP4位としていた元WBC世界ミドル級王者サウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)をランキングから除外したためで、カネロは同誌認定世界ミドル級王者からも外れた。

     リング誌が認定するPFPのトップ10選手は以下のとおり。

     (1)ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)

     (2)ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)

     (3)テレンス・クロフォード(米国)

     (4)マイキー・ガルシア(米国)

     (5)井上尚弥(大橋)

     (6)シーサケット・ソールンビサイ(タイ)

     (7)エロール・スペンス・ジュニア(米国)

     (8)セルゲイ・コバレフ(ロシア)

     (9)ドニー・ニエテス(フィリピン)

     (10)オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000125-spnannex-fight

    【井上尚弥 リング誌PFP5位 前回から1つ順位上げ最高記録を更新、1位はゴロフキン2位はロマチェンコ】の続きを読む

    66

    1: 名無しさん@恐縮です  2018/06/11(月) 14:37:31.69 ID:CAP_USER9
    小川直也がプロレス&格闘技引退!柔道界正式復帰へ

     バルセロナ五輪柔道男子95キロ超級銀メダリストで「暴走王」こと小川直也(50)が10日、本紙の取材に応じ、プロレス・格闘技から引退することを明らかにした。
     1997年4月の衝撃デビューから21年、50歳となった節目の年にリングを去る。
     すでに、師匠の“燃える闘魂”アントニオ猪木氏(75=参議院議員)に引退の報告を済ませている。
     今後は長男で柔道世界選手権(9月、アゼルバイジャン)男子100キロ超級代表の雄勢(21=明大)を指導するため、古巣の柔道界への正式復帰を目指す。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい) 
    http://news.livedoor.com/article/detail/14847002/

    【【東スポ】小川直也が突然プロレス&格闘技を引退!? 柔道界正式復帰へ】の続きを読む

    このページのトップヘ