ブラジリアン柔術

    Mackenzie_Dern

    1: 名無しさん@恐縮です2018/01/05(金) 15:57:52.35 ID:CAP_USER9
    1月2日(火・現地時間)美しき柔術世界王者として注目を集めているマッケンジー・ダーン(24=アメリカ)が、
    UFCと契約を結んだことを現地の格闘技専門メディアなどが報じた。

    第一報を伝えた『MMAFighting.com』によると、ダーンのUFCデビュー戦は3月3日(土・同)にネバダ州ラスベガスの
    T-モバイル・アリーナで開催される『UFC 222』。対戦相手はアシュリー・ユッダー(30=アメリカ)に決まったという。

    ダーンはブラジリアン柔術の世界選手権を2度制した実績を持ち、あのギャビ・ガルシアをグラップリングマッチ
    (打撃禁止の組み技限定ルール)で破ったことでも知られる。2016年7月に待望のMMA(総合格闘技)プロデビューを
    果たすと、女子ストロー級(115ポンド=約52.2kg以下)戦線で無傷の5連勝をマーク。

    Dern-668x359

    昨年12月には世界最大の女子MMAプロモーション『Invicta FC』に初参戦し、タイトルマッチを経験したこともある
    強豪相手に盤石の試合運びで一本勝ちを収め、大きなインパクトを残した。

    ファイターとしてのポテンシャルの高さに加え、端正なルックスからもその人気が現在急上昇中のダーン。
    オリンピック柔道女子の銅メダリストから女子MMAの世界的スター選手へと上り詰めたロンダ・ラウジー、
    女子プロボクシングで世界3階級制覇した実績を引っさげ堂々のUFC王座戴冠を果たしたホリー・ホルムなどに続く、
    アメリカ女子MMA界の新たなスター候補として、世界最高峰のプロモーションへとステップアップすることになりそうだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000003-gbr-fight

    画像
    http://cc.efight.jp/wp-content/uploads/2018/01/0104_invicta_0103-602x385.png

    【ギャビ・ガルシアを柔術で破ったマッケンジー・ダーン  UFCと契約する】の続きを読む

    キャプチャ

    1: 名無しさん@恐縮です  2017/12/24(日) 16:09:44.46 ID:CAP_USER9
    柔道男子66キロ級でアテネ、北京と五輪2大会連続で金メダルを獲得した内柴正人(39)が24日、東京・台東区の
    「台東リバーサイドスポーツセンター」で行われた柔術大会「ASJJF DUMAU JIU JITSU ジャパンカップ2017」に
    出場し、青帯のライト級(76・0キロ以下)と無差別級の2階級で優勝した。

    ライト級トーナメントでは1回戦から決勝戦まで3試合すべて腕十字固めで優勝。無差別級でも1回戦、準決勝、決勝の
    すべてを腕十字固めで勝利し2階級制覇を達成した。内柴は11月26日に神奈川県寒川町での大会で柔術家デビュー。
    この時は青帯のミドル級(82・0キロ以下)と無差別級に出場し全5試合オール一本勝ちで2階級制覇を飾った。2大会連続の
    2階級制覇を達成し、デビューからオール一本勝ちの11連勝となった。

    内柴は、今月15日午前0時で準強姦(ごうかん)罪での刑期を満了した。今大会は刑期満期後、初の試合となった。来年は、
    全国から柔術のトップ選手が参加する来年2月10、11日の「ヒクソン・グレイシー杯」に出場することが決まっている。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171224-00000115-sph-fight

    【【柔術】内柴正人 ライト級と無差別級の2階級優勝する 柔術デビューから全て一本勝ちで11連勝中】の続きを読む

    image

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/11/26(日) 14:25:45.20 ID:CAP_USER9
    男子柔道66キロ級でアテネ五輪、北京五輪と連覇し、準強姦(ごうかん)罪で懲役5年の実刑判決を受けた内柴正人(39)が
    26日、神奈川・寒川総合体育館で行われたアマチュアの柔術大会「ASJJF DUMAN JAPAN OPEN」で、格闘技デビュー戦を
    白星で飾った。

    内柴は、82キロ級と無差別級に出場。82キロ級は、3人によるリーグ戦で行われた。第1戦では高木勇人(41)を、裾払いで倒すと、
    マウントのポジションからポイントを重ね、最後は腕固めで、わずか2分足らずで1本勝ち。第2戦の湯川拓摩(31)戦は、開始早々、
    相手のタックルに押し込まれるも、投げ技で倒し上になると、腕十字固めで試合を決めた。試合後に行われた表彰式では、
    金メダルを首にかけられ、2位湯川、3位高木と肩を組んで、記念写真に収まった。2位の湯川は「さすがというか。立ち技では
    勝てないのでタックルをねらったが、押さえ込みが絶妙だった」と苦笑。3位の高木は「最初、怖かった。ハンパない。最後に腕を
    極められたときも、力を抜いていただいて、優しかった」と五輪金メダリストの強さに脱帽していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171126-00062507-nksports-fight

    【内柴正人が青帯で柔術の試合に出た結果 全試合一本勝ちで優勝 圧倒的な強さを見せつける】の続きを読む

    single-leg

    30: 名無しさん@一本勝ち 2017/10/09(月) 21:21:23.94 ID:LFEYVUdh0
    柔術って喧嘩で使えるんかね?
    いや、別に喧嘩するわけじゃないけど。
    よくある喧嘩のスタートは怒鳴りあって→つかみ合いになる
    このシチュエーションからどうやって柔術が活きる?
    【ブラジリアン柔術の技術だけで喧嘩したら勝てる?】の続きを読む

    このページのトップヘ