みんなの反応

    スクリーンショット (1469)

    1: 実況厳禁@名無しの格闘家2018/08/25(土) 18:24:30.97 ID:xAi2zO5DM

    11月3日(土・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~第3代スーパー・ライト級王座決定トーナメント~』の記者会見が、9月3日(月)都内にて行われた。

     今大会では、第2代王者・野杁正明(24=K-1 GYM EBISU FREE HAWK)が返上したK-1 WORLD GPスーパー・ライト級王座を日本人4名と外国人選手4名の計8名がトーナメントで争う。その出場選手とトーナメント表が発表された。

    1回戦第1試合は佐々木大蔵(27=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)vsサム・ヒル(27=ニュージーランド)。(中略)

    1回戦第2試合は中澤純(28=TEAM Aimhigh)vsメルシック・バダザリアン(26=アルメニア)。(中略)

    1回戦第3試合は左右田泰臣(30=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)vsモー・アブドゥラマン(22=南アフリカ)。(中略)

    そして、1回戦第4試合では注目の一戦が組まれた。大和哲也(30=大和ジム)とゲーオ・ウィラサクレック(33=タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)が初激突。このカードが発表されると公開記者会見に集まったファンから歓声が沸き起こった。(中略)

     この8名によって第3代王座が争われる。なお、現Krushスーパー・ライト級王者の篠原悠人は、K-1ではライト級で参戦したいとの意向があり、今回は不出場。K-1スーパー・ライト級で活躍してきた山崎秀晃は6月にヒザの怪我から再起したばかりで、1日3試合のトーナメントはヒザへの負担が大きいとのことから今回は出場を見合わせた。

    また、ゲーオからKO勝ちを奪った平本は階級を上げてウェルター級に転向することが決まったため、同じく今回は不出場となった。


    https://efight.jp/news-20180903_303646?utm_source=YahooNews&utm_medium=referral&utm_campaign=RelatedLink

    【【K-1】11月3日 スーパー・ライト級王座決定トーナメント開催 1回戦で大和哲也とゲーオが初激突】の続きを読む


    565454

    472: 実況厳禁@名無しの格闘家 2018/09/02(日) 22:10:28.35 ID:3CMtwxCH0
    一応公式でも地上波正式発表


    【【RIZIN.13】フジテレビが地上波で全国放送することが決定】の続きを読む

    45443

    578: 実況厳禁@名無しの格闘家 2018/08/31(金) 08:13:49.86 ID:UMNwWVPP0
    村田夏南子インヴィクタと契約
    引き続きライジンも出るみたいね




    【村田夏南子がアメリカの女子MMA団体「Invicta FC」に参戦することが発表される】の続きを読む

    656457

    1: 名無しさん@恐縮です 2018/08/29(水) 19:56:21.75 ID:CAP_USER9

    WBCスーパーフライ級王者のソールンビサイから挑戦状

    ボクシングのバンタム級頂上決戦、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)に出場するWBA世界王者・井上尚弥(大橋)は1回戦(10月7日・横浜アリーナ)で
    元WBA世界スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)と対戦する。
    3団体王者が参加するトーナメント戦で優勝候補の本命に挙げられている「The Monster」に対し、
    井上が去ったスーパーフライ級で現在最強と呼ばれるWBC王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)が挑戦状を送っている。フィリピン地元紙「インクワイアー」が報じている。

    パウンド・フォー・パウンド最強と呼ばれたローマン・ゴンザレス(ニカラグア)相手に2連勝を飾り、一気に名を馳せたタイの英雄ソールンビサイ。
    井上が去ったスーパーフライ級の統一に意欲を燃やしている。
    標的は「プリティボーイ」の異名で知られるIBF世界同級王者ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)だ。

    「私は彼のファイトを注視してきた。アウトボクシングというスタイルにおいては彼は偉大なボクサーだ。
    彼と戦うことになれば、私は間違いなく前に出るだろう。ノックアウトを狙う。最高の試合になるだろうね」

    同紙によると31歳のソールンビサイはこう語ったという。
    アンカハスは井上が5月にバンタム級に転向するまで、統一戦の相手として何度も名前が挙がったが、実現しなかった。
    井上は強すぎる王者の悲哀を味わってきた。フィリピンの強豪は、果たしてタイの英雄の挑戦状を受け取るのだろうか。

    この階級が統一できたら、昇級を検討する。イノウエと戦うために
    「私の願いはこの階級を統一することだ。全ての団体を統一したい。この階級が統一できたら、118パウンドに昇級を検討するだろう。イノウエと戦うために」

    ソールンビサイはスーパーフライ級4団体統一を前提に、バンタム級昇格プランを発表。16戦全勝中のモンスターに挑戦状を叩きつけた。 (中略)

    井上はWBSSで最大3試合を戦う一方、ソールンビサイは10月6日にバンコクでイラン・ディアス(メキシコ)との防衛戦が控えている。
    “モンスター”vs“ロマゴンを2度倒した男”――。それが統一王者同士として、実現するのなら、ボクシングファンにとっては垂涎の一戦となるが……。

    それもすべてがうまく行ってのこと。まずは直近の試合を見守りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180829-00035021-theanswer-fight 


    【井上尚弥にWBC王者シーサケットから挑戦状 SF級統一なら「昇級する。イノウエと戦うために」】の続きを読む

    5765

    60: 実況厳禁@名無しの格闘家 2018/08/29(水) 00:04:22.18 ID:swTyvljU0
    チケットめっちゃ売れてるらしいな
    バラさんやったな
    数字取れるかは知らんが



    【【朗報】「RIZIN.13」のチケットの売れ行きが好調の模様】の続きを読む

    このページのトップヘ